昨年の北海道旅行の1週間前に起こった災難

失敗した事

昨年の6月末に北海道へひとり旅に出かけましたが、その1週間前の出来事。

いつものようにオーブンでパンを焼いておりましたが、焼き終わりの音がしたので、

急ぎパンを取り出そうと、つい小走りになったその時、

扇風機のコードに足を引っ掛け、気づいたらダイニングテーブルの角に、

顔を強くぶつけてしまいました。一瞬の事でどのようにぶつけたのか、

記憶がありません。鏡を見たら、左眉毛の少し上がパックリと深い傷

血がいっぱい流れていました。私は傷口を早く縫ってもらわないとマズイと思い、

慌ててリバテープを貼り、携帯を持つのも忘れ整形外科へ直行しました。

整形外科で説明したら、しばらく待たされ、頭をぶつけたのなら、

脳神経外科へ行って、検査してもらった方がよいと、場所を教えてもらいました。

そして脳神経外科へと行ったのですが、先生に診てもらっても、

傷口を上手く縫うことはできないかもしれないと、

看護師さんが話していました。気になってしばらく待っていましたが、遅い。

近くの総合病院なら、形成外科があると考え、受診をキャンセル

急ぎ総合病院へ向かい、どうにか午前中の受診に、間に合いました。

女性の先生で、傷口を縫合しないと、回復に時間がかかるとの事。

1週間後に旅行の予定だと話したら、縫合すれば大丈夫だと言われ、一安心。

傷口を、きれいに細かく21針縫ってもらいました。

先生は特に他に症状がなければ、レントゲン写真は必要ないという事でした。

でも傷口からの内出血で、最初まぶたが紫色に腫れ上がり

片目がほんの少ししか開かず、すごい顔へとなっていました。

病院から戻り夫の携帯に連絡すると、職場からすぐに帰って来てくれました。

内出血は徐々に下方に下がってきます。まぶたの腫れは治りましたが、

1週間では当然ですが、完治はしません。でも少しづつ良くなり、

お化粧で、傷を隠せばどうにかなる程度になりました。

そして旅行出発の前日、抜糸をしてもらいました。

家族は心配しておりましたが、私は北海道旅行をずっと楽しみにしていたので、

予定通り出発し、7泊8日楽しい旅を過ごせました。

帰る頃には顔は紫色→青色→黄色→肌色と戻ってよくなっていました。