夫がついに・・

夫のつぶやき

マキシマリストの夫が断捨離を始めた、自主的に??

喫茶店のマッチ、出張で行ったビジネスホテルのマッチの山

40年以上も前からのコレクション

夫が整理をしながら、一つのマッチを見つけて

高校時代に親友と喫茶店に入った時のエピソードを話し始めた。

当時の喫茶店は高校生が入るような場所ではなかった。

夫と親友は緊張気味で入店、ウェイトレスが「いらっしゃいませ」と声をかけた。

二人は席に座ったものの、メニューを見る余裕はない。

コーヒーを二つ注文した。

コーヒーが来るまで何気なくテーブルの上を見ていたら、

ガラスの容器に、茶色で透明な飴玉みたいな物が目に入る。

容器の蓋を開け、2、3粒舐めてみた。二人とも顔を見合わせ

「あま〜い」さすが有名な喫茶店、サービスいいね!

そうこうしているうちに、ウェイトレスがコーヒーを銀のトレイにのせ

「お待たせしました。どうぞ」とテーブルの上に置いた。

親友がそのウェイトレスに言った。

「すみません。角砂糖ありますか?」

「砂糖でしたら、こちらです。」と先ほどの透明な容器を指さした。

田舎暮らしの高校生の物語でした。

この調子だと夫の断捨離は10年以上もかかりそうです。