我が家を持ち家にした理由

日常生活

最近よく、持ち家か賃貸どっちがよいかが話題になっています。

我が家が購入を決めたきっかけは、引っ越す前に住んでいたアパートでのことです。

それ以前は夫の仕事の関係で、北部に住んでいましたが、

転勤になり、南部にあるアパートの2階、角部屋へと引っ越しました。

築年数が浅く、キレイなアパートで、

目の前に大きなスーパーがあり、小学校もすぐ近くで便利な場所です。

我が家の部屋の真下、1階は事務所だったので、

夜は誰もいないのかなと思っていました。

ところが引っ越して当日の夜に、部屋の片づけ掃除をしていたら、

掃除機の音、足音がうるさいとすぐに苦情がありました。

1階の部屋は事務所兼住宅として使っていたのです。

子供は5才、2才で、まだ幼い子供達に部屋で、静かに過ごさせるのは、

大変なことでした。昼間はよく近所の公園に連れて行き遊ばせました。

でも日々気を遣う中、『子供達を自由気ままに飛んだり、跳ねたりしても

いいような生活にしてあげたい』という思いから家を探し始めました。

そして1年半後に今の家を購入し、約26年間住んでおります。

1戸建てに越してからは、子供達はのびのび自由に遊ぶこと

できるようになりました。

なので、子供達が幼い時に購入できて、ほんとうによかったと思います。

現在子供達はそれぞれ独立し、家を離れています。